生命医科学研究科
search

バイオイメージング研究室の研究成果が英国の科学雑誌『Scientific Reports』に掲載!

2019.06.24
  • TOPICS
  • 研究

皮膚バリアと感覚神経の関係を可視化-アトピー性皮膚炎などの痒みのメカニズムに新知見-

 バイオイメージング研究室、岡田峰陽大学院客員教授・髙橋苑子理化学研究所リサーチアソシエイト(研究当時:横浜市立大学大学院 生命医科学研究科 博士後期課程)のグループは、皮膚バリアによって恒常的に保護される仕組みを解明しました。

本研究成果は、皮膚バリアの減弱により引き起こされる痒みのメカニズムの解明に寄与し、アトピー性皮膚炎などの痒みを抑制する新たな治療法の開発に貢献すると期待できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加