生命医科学研究科生命医科学研究科
search

第49回構造活性相関シンポジウムで 生命情報研究室4名 SAR Award ポスター賞同時受賞!

2022.01.14
  • TOPICS
  • 研究
  • 学生の活躍
2021年11月18日(木)〜19日(金)にオンラインで開催された
第49回構造活性相関シンポジウムで
生命情報科学研究室の4名がポスター賞を同時受賞しました。

博士前期課程2年の伊藤朱里さん(指導教員:池口満徳教授)は、ポスター発表、
発表演題
「シクロスポリンAとシクロスポリンEの分子ダイナミクスの比較」
を行い、SAR Award(ポスター)賞を受賞しました。



博士後期課程3年の武富啓さん(指導教員:池口満徳教授)は、ポスター発表、
発表演題
「硬質コルチコイド受容体の活性型変異S810Lに対する水分子の効果」
を行い、SAR Award(ポスター)賞を受賞しました。



特任助手(2021年3月博士前期課程修了) 柴橋佑希さん(指導教員:池口満徳教授)は、ポスター発表、
発表演題
「維持メチル化因子UHRF1の阻害剤探索:MDを組み合わせたインシリコスクリーニン」
を行い、SAR Award(ポスター)賞を受賞しました。



特任准教授 佐藤朋広さんは、ポスター発表、
発表演題
「転移学習を用いた活性予測モデルの新規化合物シリーズに対するモデル適用性の改善」
を行い、SAR Award(ポスター)賞を受賞しました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加